はじめは[WebBrowserを参照設定]から入り
[VBAでIE操作解説]やってます。
よく使う.Document:の解説から
[.Forms]で入力処理
[.Links]でリンク情報取得
[.Images]で画像の情報
[.Frames]でフレーム処理
[.Script]でスクリプト処理
...など、まだまだ抜けてますが、
手探りで[ヘルプ IEのオブジェクトを探る]
IE,WebBrowser:
[IE プロパティ(各種設定)]
[IE メソッド(イロイロな動作)]
[IE イベント(発生後処理)]
[VBAでIE操作(TOP)]
小さな[IE操作のサンプル]でTEST
次に[少し大きなIEを使ったサンプル]
にチャレンジしたり
[IE関係記事一覧]

[VBA(TOP)]
[三流君(TOP)]


全ての質問には、答えられませんが、リクエストや質問があったら、[作者(三流君)に質問する] から 気軽に送ってください

三流君VBAでIE操作 まずは、参照設定から

挨拶:VBAで(ExcelやAccessなどから)InternetExplorer WebBrowserを操作してみたいと思います。
と、カッコつけてかなり昔にスタートしました。当初はそんなに読者も居なかったのですが、おかげさまで最近は大盛況です。
いつも私が使っている、
Dim objIE as Object
Set objIE = CreateObject("InternetExplorer.application")
なのですが、
参照設定を行っていないので、.(ドット)を押しても、プロパティやメソッドの候補が出てきません(涙)。

IE Web Browser を使う場合の参照設定

IE操作のプログラムを組む前に まずは、参照設定です。
コードを書くとき、探る時、参照設定しておくと .ドットをタイプした時にメソッドやプロパティが表示されるので便利です。下記 私が操作した参照設定の方法です。

VBAのコード編集画面で、
メニュー -- ツール -- 参照設定 を選択後、
下記の2つにチェック(レ)を入れてください。

□ Microsoft HTML Object Library

□ Microsoft Internet Controls
(※↑がもし見つからない場合は、
Microsoft Browser Helpersに
チェックを入れてください。)
チェックを入れると、
Dim oIE As InternetExplorer

Dim oBODY As HTMLBody
などが使えるようになります。

操作手順の動画:IE Web Browser 操作 参照設定をしましょうね。

操作例2

ツールの参照設定からやってもいいし、WebBrowser を Excel UserFormに貼って使う、そんな方法もあります。
↓Dim ie As InternetExplorer を 使いたい時

(大きな動画で見る↑)
↓UserFormに Web(IE) を貼って操作する場合

(大きな動画で見る↑)
最近の記事:[No.180 IE操作 .parentElement で親のタグを参照?]
関連項目:
[WebBrowser を Excel UserFormに貼り使用したサンプル]
※はじめの一歩として、参照設定してくださいね。(コードはキレイに読みやすく?)

IE操作に興味を持ったら、[VBAからIEを自動操作 CreateObject(" InternetExplorer.application" )]・・・VBAでIEを操作するサンプルを見てください。

逃げるように 終わりの挨拶

入り口を間違えないで、みなさんは参照設定から行ってくださいね。
※まだまだ、確認すること、やることいっぱいだぁ。。。


[#BackNoLink][ページ内のTOPへ戻る]

過去のメールマガジンのリンクが長かったので、下記に移動しました。
[IE操作 メルマガ 一覧]
よろしくお願いします。


改版履歴 更新情報:過去のIE操作の解説はこちら↓(IE6+XP,IE7+XPの古い記事もアリ)
2009-12-01:[過去の解説 vba_ie_20091201.asp]
2009-06-01:[過去の解説 vba_ie_20090601.asp]
2009-02-01:[過去の解説 vba_ie_20090201.asp]
2008-05-01:[過去の解説 vba_ie_20080501.asp]
2007-08-31:[過去の解説 vba_ie_20070831.asp]
2007-05-20:[過去の解説 vba_ie20070520.asp]

2012-03-19:[過去の解説 vba_ie_20120319.html]
もあわせてみてください。
(↑もしかして書き直さない過去の解説の方がよかったかも?(笑))




[ページ内のTOPへ戻る]

ページフッター

ここまで、読んでいただきどうもです。ここから下は、三流君宛のメッセージ送信や 三流君のホームページの紹介・案内です
目的の情報が見つかったか?少々心配しつつ、、、

感想や質問・要望・苦情など 三流君へメッセージを送る。[#QA_MESSAGE]


あなたのお名前(ニックネーム):さん
返信は?:

アドレス:に返事をもらいたい
感想や質問↓:



(感想や質問・要望・苦情はHPで記事に載せることがあります。)
例:[XXXXさんへ回答例]←みたいに回答していたり...

急ぎで連絡がほしい、そんな時は:[twitter三流君]に気軽に連絡してください。




[三流君(TOPへ)] / [VBAで楽しく] / [記事一覧]
カスタム検索




広告

リンク広告
  1. --[Windows 自動ログイン control userpasswords2 や netplwiz]
  2. --[【ガチャ】モンスト 3500万人記念!!オーブ0ガチャ]
  3. --[Access コンボボックスを使ってみた]
  4. --[ Windows10 OSのフルバックアップ システムイメージバックアップ]